スーパーフード、ケールの旨い食べ方

青汁の原料として有名なケール。
でも渋いというのが代名詞になってしまっていますね。
ですが、この頃では苦味を少なくした、食べやすいケールが出回るようになりました。
今や海外では、食べやすい品種のケールが大きく出回っていて、人気なようです。
日本でも最近、食べやすいケールが販売されるようになったので、いやに嬉しい事ですよね。

ケールはキャベツの仲間の野菜ですが、生命力の著しい、育て易い野菜だ。
豊富なミネラルとビタミンを含み、たんぱく質も入っています。
カルシウムの含有量は牛乳よりも多いだけでなく、牛乳より吸収率も可愛いという事ですから、びっくりですね。

青汁からケールを摂るのもいいですが、気楽に料理に助かるのなら、尚更ケールを用いる事ができると思います。
近ごろスーパーなどでも販売されるようになった、「ソフトケール」。
サラダ用のケールとして売られています。

青汁に使われているケールは、大きなごわごわした葉が特徴ですが、ソフトケールは、ホウレンソウくらいのがたいだ。
やわらかく、苦味も小さく、サラダ用として売られているので、当然サラダでも良いのですが、炒めても茹でても美味いようです。
つまり、ホウレンソウ感覚で、色々な料理に使える野菜になっています。
お鍋にも見合うようですよ。

都内ではオーガニックケールによるレストランも増えています。
オーガニックケールが食べ放題らしいですよ。
栄養満点のスーパーフードが身近に上手く食べられるようになって、嬉しいですね。

青汁はだいぶ前から体に良いと言われていますが、大体が市販されている粉状のものを、水で溶いたりして飲みますよね。
最近は材料に、ケールだけではなく大麦若葉やクマザサ等で作られたりしています。
確かに最近の青汁は美味しく飲めますよね。
でも、しょっちゅうおんなじ味ですし、ちらほら青汁を手作りしてみるのはいかがでしょうか。

青汁を手作りするためにはとりわけ、ケールを手に入れる必要があります。
でも、ケールって、近くのスーパーでは見ることはありません。
それで、ネットで貰うという方法を取りましょう。
でも、ケールにこだわらなくても、身近な材料で仕立てることも出来ます。
ブロッコリー、小松菜、モロヘイヤ、サラダ菜、水菜、春菊など、緑であれば良いようです。
でも、栄養価満点のケールで作ったほうが、青汁としての価値は上がりますよ。

ケールはとても栄養価の大きい野菜なのですが、あまりおいしくないのが難点だ。
それで、呑み易くするために果物を入れるのがいいと思います。
甘味のあるバナナやりんごを付け加えましょう。
作り方はケール、果物を切ったものと、牛乳をミキサーに入れて、攪拌すれば出来ます。
ただ、ミキサーだと攪拌始めるだけなので、繊維質がありのまま入っています。
美味しく飲み込むなら、何かで漉したほうが、滑らかな舌触りになります。
でも、便秘対策に繊維質も全部摂りたいなら、ありのまま飲まれればいいかと思います。

手作りですから保存料が入っている訳ないので、作った青汁は、出来るだけ早く飲んでしまいましょうね。引用

スーパーフード、ケールの旨い食べ方